ニキビ

ニキビ

原因

 

思春期のニキビは分泌過多による皮脂汚れ、大人ニキビはホルモンの影響や乾燥など、原因はさまざまです。

 

ニキビができてしまう最大の原因は、毛穴の出口付近に大量にたまってしまった角質のせいです。角質が厚くなってしまうと毛穴をふさいでしまうのです。

 

皮脂や汚れのせいで毛穴が詰まった状態になるのが「白ニキビ」と言われるものです。

 

さらに、アクネ菌が毛穴の中に溜まった皮脂を栄養源として大量に繁殖します。すると肌が炎症を起こしてしまうのです。そのせいで、見た目にも痛々しく腫れがハッキリとわかる「赤ニキビ」になってしまいます。

 

お手入れ方法

 

スキンケア

 

どちらも洗顔し過ぎると肌が乾燥し、はがれた角質が毛穴にたまりやすくなるので、洗顔は朝晩2回までに。

 

大人ニキビの場合は、バリア機能のある角層を育てるため保湿をしっかりと。

 

ただ、保湿のための化粧品は油分の少ないタイプを使うのが基本。

 

皮脂過剰でできたニキビであれば、ニキビ肌用の抗炎症効果や殺菌作用のあるスキンケアがオススメです。

 

 

メイク

 

メイク商品は油分が含まれるものが多く、触って刺激するのがよくないので、ノーメイクが理想。

 

メイクするときには、油分の多い液状ファンデを手でつけるのは避け、清潔なパフやブラシでパウダーファンデーションを軽くのせる程度にとどめて。

 

 

クレンジング

 

思春期ニキビはオイルタイプのクレンジングで毛穴に詰まった皮脂汚れを浮かせて落とし、不透明石けんで洗顔を。

 

洗浄力が高いので、汚れを毛穴に詰まらせないよう、しっかり洗い落とせます。

 

大人ニキビは、油分が残らないようリキッドタイプのクレンジングでやさしくオフ。

 

洗顔は透明タイプの石けんで。

 

 

まとめ

 

  • 大人ニキビは、コメドを取り除きながら同時に乾燥対策も行うこと
  • 皮脂過多のニキビはしっかり洗って、皮脂汚れを落として