肌トラブルの5つの原因

肌トラブルの5つの原因

つらい肌トラブルの原因とは

 

ここではよくある肌悩みやトラブルに対し、どのようなスキンケアや、メイクを施すべきなのかを悩み別に説明していきます。

 

具体的な対処法に移る前に、まず、肌トラブルを生み出す要因について知っておきましよう。

 

肌を劣化させる要因はさまざまですが、その原因をおおまかに知っておくことでヶアがより効果的にできたり、トラブルの予防に役立てることができます。

 

肌の劣化やトラブルを生む主要な要因は、次の5つです。

 

 

1 乾燥

 

肌の老化を促進する最たるものだといってもよいでしょう。

 

水分量が少なくなった角層が硬くなってしまうことにより、小ジワが生まれます。

 

また、角質の水介似時機能が咽くなり、肌が乾燥すると、バリア機能も同時に低下します。

 

その結果として、肌がくすんで見えてしまうことになります。

 

肌の乾燥がおきてしまうのは湿度の低下だけが原因なのではなく、睡眠不足、加齢、体調不良など身体の変化が原因でもおこるのです。

 

そのため、化粧品を使っての外側からのケアだけでなくて、生活習慣を整えるなど内側からのケアも大切です。

 

 

2 紫外線

 

紫外線による肌への悪影響は、シミ、そばかすだけではありません。

 

紫外線を浴びることによって、皮膚の中で活性酸素ができます。

 

活性酸素は肌の細胞にダメージを与えてしまい、ターンオーバーを正常に行う力を弱めてしまいます。さらに肌の細胞の動きを弱めるだけではなく、肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン線維を分解する物質を作り出してしまうのです。

 

この結果、肌のハリや弾力がなくなり、シワやたるみができやすくなります。

 

 

3 加齢・血行不良・栄養バランスの乱れ

 

歳を重ねるに従って細胞の働きが弱まってていき、皮膚全体の働きが弱まってしまいます。

 

それに従って、肌表面のバリア機能や保湿機能が低下してしまい、潤いや肌の弾力がなくなってしまうのです。

 

また、加齢とともに血行が悪くなってしまったり、食生活が乱れることによって栄養のバランスが崩れてしまったりしてしまうと、肌に十分な栄養が行き渡らなくなってしまい、肌のハリや弾力の低下、肌のくすみができやすくなってしまいます。

 

さらに、栄養面でこわいのが「糖化」の問題。

 

食べ物に含まれる糖が体の中のタンパク質を変性させ、ハリや弾力に重要なコラーゲンを劣化させてしまうのです。

 

野菜を先に食べる、甘いモノを控えるなどの工夫をして糖化を防ぐことが大切です。

 

 

4 ホルモン分泌の低下

 

 

加齢に伴い、若さを保つための2つのホルモンの分泌が減少していきます。

 

これも肌を劣化させる大きな要因です。

 

1つ目が、肌の弾力を保つコラーゲンを増やしたり、肌の水分保持を助ける働きをする卵胞ホルモン(エストロゲン)。

 

これは30歳を過ぎたあたりから少しずつ低下していきます。

 

エストロゲンが減少することにより、コラーゲンを作り出す働きや保湿機能が弱まってしまい、肌の老化が進行してしまうのです。

 

2つ目は、成長ホルモンです。

 

成長ホルモンといえば、睡眠時にたくさん分泌される、子どもの成長に欠かせないホルモンとして有名ですが、大人にとっても大切なホルモンで、体の中の各組繊の修復をするという大切な働きをしています。

 

このホルモンが少なくなってしまうことにより、肌の新陳代謝が悪くなって、肌の老化がどんどん進んでしまいます。

 

 

5 ストレス

 

肌の状態はストレスが原因で大きく左右されてしまうものなのです。

 

肌の表面には、細菌やウイルスから肌を保護してくれる「ランゲルハンス細胞」という細胞があるのですが、この細胞はストレスが原因で数が減ってしまうことがわかっています。

 

そのためストレスが強い環境では、肌はささいな刺激にも反応してしまい、肌荒れを起こしてしまうのです。

 

また、過剰なストレスが肌老化を促進する活性酸素を発生させることも、わかっています。