ファンデーションとベースメイクの注意点とポイント その1

高SPF値の日焼け止めでも塗り方次第で効果は3分の2以下に

 

UVケアは、シミのない白肌を守るための常識ともいえる習慣ですが、あなたは本当に「正しい知識を持っている」ということはできますか?

 

次のUVケアの習慣の中で、正しいと思うものにチェックをしてみてください。

 

日焼け止めを手のひらにとり、のばしてから塗り広げている。
SPF値の高い日焼け止めなら、1度塗れば十分だと思う。
のびがいい日焼け止めを少量つけて薄くのばし、白浮きしないようにしている。

 

実は、これら3つの習慣はどれも間違い。

 

日焼け止めに表示されたSPF値、PA値は肌1立法センチメートルあたり2mgを使用した場合のものです。

 

顔で考えると、ローションタイプで1円硬貨2枚分、クリームタイプでパール粒2つ分になりますが、一般の方が平均に塗布している量を凋べたところ、ロ−ションがその約7割、クリームに至ってはわずか3割程度しか塗られていなかったのです。

 

日焼け止めを適量の半分だけ塗ったときのSPF値は、本来得られるはずの数値の約3分の2しかないといわれています。

 

つまり、多くの方が実践している日焼け止めの塗り方では、表示の数値通りのUV効果が得られていない可能性があるのです。

 

日焼け止めは、その効果を最大限に高める塗り方が環境省により提案されています。

 

まず、顔は2度塗りが基本。1円玉大を手のひらにとり、額、鼻、両頬、あごの5箇所に分けて置き、指を使って塗り広げます。

 

同じ量をもう1度とって繰り返せば、必要な量をムラなく塗ることが可能です。

 

メイクヨレが気になる人は頬だけでも2度塗りしましょう。

 

腕や脚に塗る場合は、日焼け止めを容器から直接、塗りたい部分に出して、指全体でらせんを描くように塗り広げると、塗りムラや塗り忘れが防げます。

 

また、日焼け止めは汗や皮脂、こすれなどでとれやすいので2〜3時間おきに塗り重ねるのも忘れずに。

 

point

  • 日焼け止めを塗るときは、手のひらでなく指を使って。
  • 「顔は2度塗り、体は容器から直接」が、基本

 

 

肌老化を防ぐには、美容液より「日々のUVヶア」

 

「シワやたるみの原因はUVケア不足にあります」と言ったら、ほとんどの方が驚かれると思いますが、これは本当の話。

 

米国皮膚科学会の研究により、肌の老化の原因は加齢によるものが20%、残り80%は紫外線による光老化が原因だということがわかっています。

 

紫外線にはA波とB波がありますが、シワやたるみの原因となるのはA波のほう。

 

波長が短く表皮に強い刺激を与えるB波と対照的に、A波は、長い波長で肌の内部にジワジワとダメージを与えます。

 

肌が赤くならないから……と油断していると、知らず知らずのうちに肌の奥深くにある真皮にまで紫外線が到達して、弾力繊維を破壊し、シワ、たるみなどを引き起こすことも。

 

光老化さえ防げれば、肌の老化の8割近くは防げる可能性があるのですから、毎日のUVヶアはしっかり行いたいところ。

 

今日から少し外に出るときでも、必ず日焼け止めをつけ、できれば日傘もさすよう心がけましよう。

 

日焼け止めは、2〜3時間ごとに塗り直すのがおすすめです。

 

体であれば重ね塗りができますが、顔の場合は出かける前にメイクをするので、日常生活で塗り直しをするのは難しいもの。

 

そこで重要になるのが、紫外線カット剤の「効果維持力」です。

 

ジェルタイプの日焼け止めは吸収剤だけでつくられることが多く、乳液タイプの日焼け止めは、吸収剤に紫外線をはね返す効果がある液状の散乱剤も配合されていることが多いのですが、効果が長く続くのは、断然散乱剤も入っている夕イプ。

 

吸収剤より散乱剤のほうが、紫外線カットカや効果維持力が高いものが多いのです。

 

散乱剤が入っているかどうかは、成分表示に「酸化亜鉛」や「酸化チタン」が記載されているか、もしくは「中身が白いか」で判断できます。

 

将来のためにも、ゴツゴツ地道にUVケアを続けましよう。

 

point

  • 効果が長く続くのは、散乱剤を配合した乳液タイプの日焼け止め

 

丁寧な朝のスキンケアが、メイクのヨレをつくつていた

 

メイク前のスキンケアはブースター化粧水に始まって、保湿化粧水、シートマスク、美容液、乳液、クリームとフルコース。完璧にしているはずなのに、すぐにメイクが崩れてメイク直しに手間がかかる……。

 

ここで「メイクが崩れるのは、もしかしてメイクの下の肌が乾燥しているせい?」などと思い、さらに丁寧に朝のスキンケアを行うのは、絶対にやめてください。

 

そのパーフェクト過ぎるスキンケアこそ、メイク崩れの原因である可能性が高いのです。

 

ツヤ肌に仕上げたいからと、いくつもスキンケアアイテムを重ねた上にクリームやオイルタイプの美容液、美容オイルまでつけてしまうと、肌表面の油分が多くなり、その上に重ねる下地クリームやファンデーションの「すべり」がよくなり過ぎてしまいます。

 

その結果、メイクがヨレやすくなってしまうのです。

 

こんな失敗を防ぐためには、重ねるアイテムの数を減らすことが大切。

 

スキンケアアイテムは、半透明もしくは透明のアイテムと、白濁したアイテムの合計2本でも十分です。

 

特にメイク崩れの原因となるのが液体の油分なので、美容オイルを朝ではなく、夜使うようにするだけでも、メイクの崩れはかなり防止できます。

 

また、乾燥が気になる方は、使うアイテムの数は増やさず、今までより保湿効果が高いものを使ったり、ファンデーションからBBクリームに変えることで、肌のしっとり感と崩れない土台の両方を手に入れることができます。

 

スキンケアはアイテムの数を増やすより、厳選したアイテムを効果的に使う方法を考えましよう。

 

時間の惜しい朝は、たとえひと手間でも省けたほうが嬉しいもの。

 

「省いたほうがキレイをキープできる」というこの法則を、ぜひ覚えておいてください。

 

point

  • メイクの持ちをよくしたければ、使うアイテムは減らして
  • 特に液体の油分を与えるスキンケアは必要最低限に

 

つやめく美肌を手に入れたければ、ブラシの使い方にこだわって

 

潤いがあり、ほどよいナチュラル感のある、ツヤ肌。

 

ツヤ肌をつくるメイクには「リキッドファンデーション十ルーズパウダー」という方程式があり、確かにそれは間違っていないのですが、そのパウダーのつけ方自体を間違っている方が少なくありません。

 

ルースパウダーはファンデの上に薄く重ねることで、化粧崩れを防いだり、肌を立体的にキレイに見せたりする効果がありますが、ほとんどの製品にパフがセットされているため、必ずパフでつけるものだと思い込んでいる方が多いのです。

 

パフを容器に直接つけてパウダーをとると、パフの表面にはたっぷりの粉がつき、「面」ができてしまいます。

 

それをそのまま肌に押しつければ、量がしっかりつき過ぎて、ツヤ肌とは正反対のマットな仕上がりになってしまうのです。

 

ツヤ肌をつくるときにオススメなのは、パウダーをつけるのにフェイスブラシを使うという方法。

 

パフが面で粉をつけるのに対し、毛先で点状にのせていけるブラシは、少量をふんわりと肌にのせることができ、簡単にツヤ肌をつくることができるのです。

 

ブラシにパウダーを含ませたら、手の甲の上でブラシ全体に粉をよくなじませ、軽くはたいて余分な粉を落としてから肌へ。

 

肌に粉をのせるときも、円を描きながら肌を磨くようにのせていくと、よりツヤつぽく、美しく仕上がります。

 

このブラシ使いはパウダーファンデーションをつけるときにも役立ちます。

 

薄く軽めの仕上げにしたいときに、ぜひ試してみてください。

 

手持ちのブラシがなく、パフでツヤ肌をつくりたい場合は、肌にのせる前に「余分な粉をはらう」というひと手間を加えましよう。

 

まず、パフに粉をとり、十分にもみ込みます。もみ込んだ後で余分な粉を落とし、パフに残った粉だけを薄く均一に肌にのせていくのです。

 

この方法であれば、ナチュラルなツヤ肌は簡単につくれます。

 

point

  • パウダーをブラシで円を描くようにのせれば、潤い感のあるツヤ肌はつくれる

 

ファンデーションを使いこなせば、紫外線はこわくない

 

SPF値の高い日焼け止めさえ塗っておけば、ファンデーションはどのような種類のものでも大丈夫なんて簡単に思っている方は決して少なくないと思われます。

 

確かに、紫外線対策として日焼け止めをキチンと正しく塗ることによって、紫外線から肌を守ることはできるかもしれません。

 

しかし、春や夏などの日光が強いときはそれだけでは十分ではありません。

 

日焼け止めは汗や皮脂で流れたり、こすれなどで落ちやすいものです。

 

効果を保つには、2〜3時間ごとの塗り直しが必要ですが、メイクをしている顔の場合は、なかなか重ね塗りがしにくいもの。

 

紫外線をはね返す散乱剤を配合した持ちがいい日焼け止めを塗っても、それだけでは、完全な紫外線対策はできません。

 

ここで活躍するのが、紫外線カット剤が入っているベースメイクアイテム。

 

SPF値が50同士のアイテムを2つ重ねれば、SPF100になる!などという単純な話ではありませんが、日焼け止めとUVケアの2つの効果をを持ったファンデーションを重ねたり、紫外線を防ぐ効果を持ったBBクリームを使い、さらにその上にフェイスパウダーをはたいたりすることで、紫外線防止の効果は確実に高まります。

 

ベースメイクアイテムの中で一番紫外線カット効果があるのは、何といっても粉状のファンデーションであったりフェイスパウダーです。

 

ほとんどのパウダーの成分には粉状の紫外線散乱剤が配合されているので、強い光でもしっかりとはね返すことができます。

 

一方、液状のリキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合は、成分中に紫外線を吸収する液体の吸収剤が配合されているものがほとんどです。

 

また紫外線カット剤を肌に均一につけることができるというメリットがあります。

 

アウトドアなどで、長時間外で過ごすときは、日焼け止めの上に両方のタイプを重ねてつければ、強い紫外線もこわくありません。

 

UVカット効果を持続させるために、1度塗ったら塗りっぱなしではなく、こまめにメイク直しをすることが肝心です。

 

point

  • 日焼けの心配があるときは、UVカット効果のあるコスメの重ね塗りで対策

 

ミネラルファンデ、BBクリーム本当に「肌にやさしく」使えてますか?

 

手術や火傷の後は肌を守らなければまりません。そんな肌の保湿や傷をカバーするため、医療関係で開発されたということで、肌にやさしくて負担と刺激が少ないというイメージを持たれているミネラルファンデーションやBBクリーム。

 

「天然のミネラル100%」「24時間つけっぱなしでも大丈夫」などとうたっている製品もあり、人気が高まっています。

 

多くの製品が石けんや洗顔料だけで落とせて、他のファンデーションよりも肌への負担が少ないのは確かですが、「簡単に落とせるから」と洗顔をいい加減に済ませたり、落とさずにそのまま寝てしまったりする使い方では、肌にやさしいどころか、かえって肌に強い負担をかけてしまう可能性も。

 

なぜそんなことになるのか、その理由を説明したいと思います。

 

まずはミネラルファンデーションについてですが、そもそもミネラルというのは鉱物原料の総称なんです。

 

普通ファンデーションは鉱物原料が使われて作られているので、そういった意味では全てのファンデーションがミネラルファンデということになるんです。

 

「ミネラル100%」の表示にも実は注意が必要で、「ポリマーやシリコンなど他の成分も入っているけれど、顔料に関しては全てミネラル素材」という場合もあり、成分が全てミネラルで構成されているわけではないこともあるのです。

 

BBクリームも同様で、美容成分が入っている製品が多いことから誤解をされがち。

 

スキンケアアイテムと同じ扱いをしても問題ないような印象を受けるものもありますが、粉が配合されている点は普通のファンデーションと何ら変わりはありません。

 

どんなに肌に負担の少ないものでも、メイクアイテムがスキンケアアイテムと同列になることは絶対にありません。

 

肌に残れば毛穴を詰まらせたり、皮脂と混じって、二キビや色素沈着などのトラブルを引き起こすことも十分考えられます。

 

「肌にやさしい」「肌ストレスフリー」といった言葉に惑わされず、つけたものは寝る前にきちんと落とすという「基本」をしっかり守るようにしましよう。

 

point

  • どんな化粧品でも「メイクアイテム」であれば、きちんとオフするのが鉄則