ファンデーションのおすすめはこれ!20代のための5選

ファンデーション選びコツ その1 「色」

 

ファンデーションを選ぶとき、まず最初のポイントはいうまでもなく色に他なりません。顔の肌色に合っているべきなのは当然ですが、自ら願う色や思い込みなどもあって、首の色との差が明らかなケースも珍しくありません。

 

色選びの判断は、顔だけが映る鏡で顔だけを見て決めるのではなく、首の色とも比べて決めたいものです。次に肌質に合ったものを選び出します。

 

ポイントは首に近い部分の色で選ぶということです。

 

あごの陰になる首は、顏の色より暗く見えるものです。仕上がりの白浮きを防ぐためにも、ファンデーションの色を選ぶときは、首に近いほおの部分に数色のせてチェックをしましょう。

 

ほおの色に馴染んで首の色とも違和感のない色が理想です。

 

 

 

ファンデーション選びコツ その2 「肌のタイプ」

 

脂性肌、混合肌、乾燥肌などいろいろなタイプがありますが、ファンデーションにはどのタイプの肌におすすめなのかという表示があるはずです。自分の肌タイプに合った商品を選びましょう。

 

もちろん、正しい肌タイプのファンデーションを選んだからといって肌の悩みが解決するわけではありませんが、最もトラブルや悩みが少なくはなるはずです。

 

肌の悩みに対処するにはファンデーションだけではなく、化粧水や乳液など基礎化粧品選びもポイントとなります。それらは肌に直接つけるものであり、昼夜問わず使うものであるため、肌タイプにきちんと合った基礎化粧品が使われていることが前提です。

 

>>自分の肌のタイプのチェックはこちら

ファンデーション選びコツ その3 「使用感」

 

 

さて、色と肌タイプが正しく選べたら、次のチェックポイントは使用感です。商品によって伸びの良し悪し、肌に乗せたときの感覚など使い心地が異なります。また香りのタイプというのもあります。

 

ファンデーションは毎日のように使うものですから、毎回心地よく使えるかどうかというのは意外と大事なことです。店頭のサンプルなどを使ってこの点もよくチェックしてください。

 

使用感がよくないと、いくらよい商品でも最後まで使うのが億劫になるものです。特に、伸びが悪いと使う量が無意識に増えてしまいやすくなるため、厚塗りの原因になります。

 

厚塗りにした場合、どのように人の目に映るかはもうご存知ですね。年齢以上に老けて見えること確実です。ファンデーション自体が乾燥しシワっぽくなるため、肌が乾燥してなくても乾燥して見え、シワがなくてもシワがあるように見えてしまいます。

 

ファンデーションも消費も必要以上に増えてしまいますよね。ポイントを押さえて毎日楽しく使えるファンデーションを選びましょう^〜^

 

20代のお肌に本当に適したファンデーション

 

20代の女性をキレイにするファンデーションを選び抜きました

20代の美しくなりたい女性に選ばれているファンデーションです

 

きれいな20代を過ごすためのファンデーション5選