リキッドファンデーションの後のパウダーのつけかた

リッキドファンデ後のパウダーの基本

 

パウダーには、ファンデーションをピタッと密着させ、流れないようにする働きがあります。

 

でもそれ以上に、光を乱反射して肌にソフトフォーカスをかける効果があるんです。

 

粉のベールの下にふわっとソバカスが見えてもかわいい。だから、薄くてもいいんです。

 

たっぷりとのせて余分はきれいに払い落とす、そんなひと手間が重要です。

パウダーのテクニック

 

工程その1 リキッドファンデーションを塗る

 

ますベース作りです。イヒ粧水、クリームで肌を整えたら、リキッドファンデーションを塗ります。

 

 

目の下や小鼻など細かいところもていねいに伸ばします。

 

素肌に自信があれば、下地クリームだけでもOKです。

 

 

工程その2 ティッシュで押さえて余分な油を取る

 

 

顔についた油分にムラがあると、パウダーもよれてしまいます。

 

粉をのせる前に、ファンデーションや下地のたまりをなくしておくことが大切です。

 

半分にたたんだティッシュを顔の片面ずつにのせ、手のひらで軽く押さえます。

 

眉などの細かいところは、しっかりと押さえてください。

 

 

工程その3 パフに粉を取りよくもみ込む

 

 

パウダーはたくさんつけるのが目的ではありません。

 

つけすぎ、つきムラを避けるために、パフに粉を取って両手でよくもみ込みます。

 

これが薄づきに仕上げるコツです。

 

 

工程その4 つけるのは面積の広い場所から

 

 

ほお、おでこ、鼻の上など面積の広いところから比較的しっかり多めにつけていきます。

 

といってもその量はパフに含む1回分か適量です。

 

毛穴の向きと逆方向の下から上に、きゅ、きゅ、きゅと押さえ込むようにしてパウダーを置きます。

 

 

工程その5 小鼻など細かい部分に残った粉をつける

 

 

面積の広いところにパウダーを使ってから、目の縁、小鼻、口のまわりなど細かなところを仕上げます。

 

パフの縁を使って小さく滑らせていきます。

 

ここで粉を足す必y要はありません。

 

前の残りのもので十分です。

 

細かい部分をていねいに仕上げてあるかどうかで、全体の透明感が違ってきます。

 

 

工程その6 大きなブラシで余計なパウダーを払う

 

 

必要なパウダーは、顔にのった水分と油分でピタッと密着しているはずです。

 

表面に残っているのは余分なパウダーです。

 

さっさっと大きなブラシで軽く払ってください。

 

半透明のベールをかけたような肌ができ上がります。

 

パウダー前のおすすめファンデーション

 

20代の女性の肌が最高に仕上がるファンデを厳選しました

簡単でキレイな肌になれる20代のためのファンデーションです

 

20代の肌を最高の状態に仕上げるファンデーション5選